オレンジの中身をくり抜いて、器にしてゼリーを流そう!子どもの時こそ大切な障がい者との交流事業

公開日: : イベント

image3
 

子どもの時こそ大切な障がい者との交流事業

筋ジストロフィーのパティシエのお菓子作り教室手足が動かなくなっていく中で、長年の仕事を活かし、プロの技も見せます。講師のお話もあります。

オレンジの中身をくり抜いて、器にしてゼリーを流そう!

  • 場所:台東区生涯学習センター4F 調理室
  • 主催・申込:Cafe香逢 & みつ葉とは~と
  • 講師:西村泰久

講師プロフィール

19才で筋ジストロフィーと診断され、その後、20数年間「パティシエ」として働く。10年前から、電動車椅子の生活になり、小中高の福祉教育への講演や、お菓子教室を通して子ども達に病気や障がいの理解を広げる活動を続けてきた。障がい者を特別視せずに共生できる社会を目指すノーマライゼーションを地域から発信したい思いを更に広げる為に、ケーキ屋をオープンさせた。
 
 

日時:8月6日(土曜日) 13時~16時
会場:台東区生涯学習センター4F 調理室
対象:小学生~高校生(先着15名)
材料費:500円(実習は小学生~高校生のみ)
申込方法:電話orFAX
持ち物:エプロン・バンダナ・手拭タオル

※申込み締め切りは、7月26日(火)までとさせていただきます
 

受講お申込・お問合せについて

 

こちらからも、ご案内パンフレット(申込み記入欄付き)がダウンロード出来ます。
お申込み用紙がついておりますのでご記入の上、FAX:03-5246-6861まで、お送りください。
お問い合わせフォームからも、受け付けております。
※お気軽にお問い合わせください。

カフェ香逢(東京都台東区生涯学習センター)

台東区西浅草3-25-16
台東区生涯学習センター 1F

TEL/FAX 03-5246-6861

(受付) 10:00 ~ 16:00 担当:坂本

 

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

天然色素で作る チーク(頬紅):目を労わる漢方と 杞(こ)菊地(ぎくじ)黄丸(おうがん)

ハーブとアロマを楽しむ(2018年7月~9月:ハーブドゥーシャンホウ)

漢方生薬で作る 育毛剤:チキンハムと 簡単スパイス 料理:体臭予防の 炭の石鹸作り

ハーブとアロマを楽しむ(2018年4月~6月:ハーブドゥーシャンホウ)

加齢臭とアロマ&入浴剤:春のハーブソルト&オリジナル・チャイ:歴史を彩る女性に思いを馳せて 天然香水を作る

ハーブとアロマを楽しむ(2018年1月~3月:ハーブドゥーシャンホウ)

アロマと漢方で更年期と骨の健康:天然色素で作る口紅作り:黄耆(おうぎ)の効用と 補(ほ)気(き)の薬膳

ハーブとアロマを楽しむ(2017年10月~12月:ハーブドゥーシャンホ

苦(く)参(じん)の効用と ボディーローション&化粧水:クコの効用と使い方&簡単薬膳

ハーブとアロマを楽しむ(2017年7月~9月:ハーブドゥーシャンホウ)

→もっと見る




PAGE TOP ↑